So-net無料ブログ作成

”情熱の国”スペイン紀行・・・アンダルシアとアートの散歩道 [海外旅行]

コピーDSC06243.JPG

花の小径(コルドバ)★
アンダルシアを象徴するおなじみの風景はほんの数十メートルの短い小径

DSC07825のコピー.JPG

私にとっては12年ぶりとなるスペイン周遊旅行に行ってきました。

7
9日でスペインの東南エリアを慌ただしく駆けめぐるツアーでしたが、情熱と哀愁、イスラムとカトリック、過去と未来が交錯するスペインはやはりエキサイティングな魅力あふれる素晴らしいデスティネーションでした。

★イスラムの栄華と荘厳なカトリック様式が融合した「メスキータ」(コルドバ)★

DSC07924のコピー.JPG
DSC07944のコピー.JPG


★イベリア半島を約800年間支配したイスラム教徒、最後の砦だった「アルハンブラ宮殿」(グラナダ)★

DSC08112のコピー.JPG
DSC08208のコピー.JPG


グループツアーなので時間はそんなに長くとれませんでしたが、プラド美術館や各地のピカソ美術館などで自分が見たかった名画を間近で鑑賞することができ、アンダルシア地方の“世界一美しい白い村”を散策するなど充実した旅になったことを感謝しなければなりません。


アンダルシアの“世界一美しい白い村”(フリヒリアナ)★

DSC08420のコピー.JPG


★地中海リゾートのコスタ・デル・ソル地方★

DSC08544のコピー.JPG


★スペインが生んだ天才画家・ピカソ生誕の地マラガとピカソ最晩年の作品★

DSC08488のコピー.JPG
コピーDSC07365.JPG


★ラマンチャの男「ドン・キホーテ」はスペインのヒーロー★

DSC07704のコピー.JPG
(巨人と間違えた丘の上の風車)
コピーDSC07724.JPG


★”世界遺産の古都”トレドは3つの宗教文化が混在する要塞都市★

コピーDSC07670.JPG


★奇才ガウディが設計した「サグラダ・ファミリア」は、没後100年近くたった今なお建設工事中★

DSC08680のコピー.JPG


2010サッカーW杯で優勝したスペイン代表チームは、カタルーニャ地方を本拠とするFCバルセロナのサッカーをベースに、競合チームの選手たちを融合させたチーム作りで初の栄冠★

RIMG0414のコピー.JPG

DSC08943のコピー.JPG
(FCバルセロナの本拠地カンプノウ:記者席から)


その昔「ピレネーを越えるとそこはアフリカ」と言われ、西ヨーロッパ諸国の中でも今なお地方色がすべてに色濃く残るスペインの魅力は周遊してこそわかるといいます。

EU
に加盟し、ユーロを採用したことで物価が高くなったと言われるスペインですが、食べることに関しては安くておいしいものがたくさんあるのでとても豊かな気分になれます。できることならもっとじっくり時間をかけて各地の郷土料理を味わってみたいものだと思いました。スペインでも特に料理がおいしいといわれ、パリでもブームになっているバスク料理を食べる機会がなかったのがちょっと心残りです。


★スペイン料理は皆で賑やかに、色々味わいたい!★

DSC07394のコピー.JPG
バレンシア名物、魚介のパエージャ)
DSC07674のコピー.JPG
(大勢で取り分けて食べるのが楽しいタパス料理)

















nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。