So-net無料ブログ作成
検索選択

中田英寿は、やっぱりユニホーム姿が一番似合う [サッカー]

コピーDSC05850.JPG
HIDEはサッカーユニホーム姿が一番似合う:
by やべっちFC


サッカー(元)日本代表の中田英寿が2006年ドイツW杯戦
後、突然現役引退して、“旅人”となってからもうすぐ4年。サッカーは時折親善試合に出場するだけの中田ですが、現在オンエア中のコカコーラ・ゼロのCMで見ると、まだまだアスリートの見事に鍛え抜かれたボディを保っているようです。

南ア大会まであと3ヶ月という時期になりましたが、中田に続くスター選手は現れないし、東アジア大会で3位の日本代表がW杯本番で結果を出せるのか不安なサッカーファンも多いのではないでしょうか。

コピーDSC08387.JPG
平塚競技場がある公園内には日本庭園もある

10
年間もJ2で低迷していた“湘南の暴れん坊”ベルマーレがようやくJ1復帰し、歴代OB選手チームと、かつてベルマーレに所属していた中田英寿をはじめとするTAKE ACTION F.Cが記念試合をするというので平塚まで出かけました。

コピーDSC08401.JPG
ゴール裏以外もベルマーレサポーターが一杯

コピーDSC08399.JPG
逆光になっているメインスタンドの向こうは、大磯の高麗山
以前ハイキングで登ったことがあります)

コピーDSC08403.JPG
入場ゲートで配布された昇格記念マフラーを掲げて選手の入場を迎えます

2
月とは思えないぽかぽか陽気に恵まれ、ベルマーレサポーターをはじめとする約14000人がスタジアムに集まりました。私と娘は、中田を記念した『7HIDEゲート』というバックスタンド席から観戦したのですが、サンバイザーが欲しいほどの強い日差しでした。

DSC08408のコピー.JPG
試合開始前、中田に群がるカメラマン:
中田英寿はまだニュースバリューがある存在


この試合の出場選手には、都並敏史、北沢豪、澤登正朗、名良橋晃、小島伸幸、野口幸司、奥大介など元日本代表クラス中田がベルマーレ在籍当時に一緒にプレーしていたアジア屈指のDF、元韓国代表で現在は韓国U-20代表監督の洪明甫や、現在はビーチサッカー日本代表の前園真聖もいました。

そういえば、前園はアトランタ五輪当時まだ新入りだった中田の兄貴分で、二人が共演したカップラーメンのCMが中田の初CMでした。(ニキビ面の中田はあか抜けない10代という雰囲気・・・)

コピーDSC05851.JPG
洪明甫はクレバーなDFですが、熱いハートでチームを鼓舞:
by やべっちFC


現ベルマーレ監督の反町康治氏もMFとして出場するなど、J1昇格記念試合にふさわしいなかなか豪華なメンバーでした。

中田は、前半はTAKE ACTION F.Cとして出場し後半からは12年ぶりにベルマーレのユニホーム姿を披露し、ベルマーレサポーター席から“HIDEコール”も起きました

コピーDSC08417.JPG
背番号7の中田に次に会えるのはいつ?)

中田はノールックパスを出したり、積極的にシュートを打つなどマジでゴールを狙っていましたが、なぜか中田がいない方のチームに得点が入る試合展開となりTAKE ACTION F.C2-1で勝利


コピーDSC08423.JPG
ベルマーレサポーター席に手を振って応える中田

試合後の中田は、ベルマーレの現役チームと一緒に場内一周する輪に加わりましたが、コメント後にMCから、“ベルマーレへの応援をひとこと”と請われると“今のがそうです”と切り返すなど相変わらずでした。

コピーDSC08414.JPG
DSC08413のコピー.JPG
(本日のスタジアムグルメ、『スティックカレー』:
キーマカレーは最後にコンソメスープを入れてスープカレーになるアイデアメニュー)

コピーDSC05853.JPG
(「12年ぶりに帰ってきてまたこのピッチで(プレーを)できるとは思わなかった・・・」と語る中田:
by やべっちFC)

さて、一昨年から活動が始まった「TAKE ACTION」は、“なにかできること、ひとつ”を提唱し、継続的な社会貢献活動への参加を呼びかけていますが、この日のスタジアムでは、112日の大地震被害にあったハイチ復興支援のチャリティ活動もありました。試合開始に先立ち、駐日ハイチ大使より復興支援を呼びかける挨拶があり、会場ではTAKE ACTION FOR HAITI」のグッズ販売がありました。

コピーDSC05839.JPG

私が購入したエコバッグは、200g分のCO2排出権取得対象商品でしたが、メッセージTシャツやマフラータオルなどネット通販もあります。
http://www.eggstore.jp/html/newpage.html?code=31

日本サッカー協会の犬飼会長と一緒に試合を観戦した駐日ハイチ大使は、この試合を企画した中田を“生まれながらの外交官だ”と絶賛したそうです。

中田は、現在の自身の活動について、この試合にハイチ大使が足を運んでくれたこと、犬飼会長が観戦に訪れてくれたことを一番の収穫として挙げ、“自分の独りよがりの活動ではなく、サッカーの試合を通じてその周りをどう巻き込んでいくかが自分の発想の原点”と語ったそうです

引退後の中田の活動がサッカーから離れがちなことに不満を持っている犬飼会長ですが、この日の中田にどんなコメントを送ったのかちょっと気になりますね。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。